YouTube

peercastからyoutuberに転身したちくしが、今度はVtuberになった。ちくしは就職をしているので、てっきりyoutubeは趣味程度にゲーム実況を軽くやっていくものだと思われていた。しかし、ちくしは思いのほか必死みたいだ。その理由をちくしの性格に照らし合わせて考えてみた。

史実馬禁止という厳しい縛りの中凱旋門で優勝するまで不眠不休でやるという気の遠くなるような放送を加藤純一がやった。なんとその時間30時間!ハイテンションでずっと放送をし、ついには優勝を果たしたその瞬間とてつもない感動が生まれた。

peercast(通常ピアキャス)で一世を風靡した配信者、それがちくし。彼の配信には熱狂的なファンが多数いた。しかし、リアルの環境に変化に伴い配信界から一線を退いたちくし。長らく配信から身を引いていて、もう二度と戻って来ないかと思われていた。しかしそんなちくしが復活を果たす事になる。

TOP