リモるの語源になったリモーネ先生アイキャッチ

【ニコ生】リモるの語源にもなった人気歌い手リモーネ先生の大炎上

どうも、ねぎ丸です。

 

配信界隈では当たり前のように使われている「リモる」という言葉

これは実は配信者の名前から付けられたものなんだ。

昔ニコニコで人気のあったリモーネ先生という人がいた。

その人の失態からこの「リモる」がつけられた。

 

今回はその事についてみていこうか。

リモーネ先生の失態動画

これは2010年8月12日の生放送終了時に起きた出来事。もちろんリネーモ先生の放送

昔のニコ生ってFMEなどの外部ツールを使って放送していたりしたんだけど

外部ツールを使うと配信が終ったと思ったら切れていなかった

って事が度々あった。

これは、外部ツール上では配信終了と出ているのに、ニコ生自体には終了の信号が送られていなく、そのまま放送が続けられるといった現象になる為だ。

なので、このリモーネ先生が終了後に垂れ流しになった状況は、当時の結構な生主が経験している。

リモーネ先生ってどんな人か

ニコニコ動画で活動する人気男性歌い手だった。

当時はそれはそれは「歌い手」というジャンルが人気があり、ウハウハ状態だったんだよ。

特にこの「歌い手」界隈は、ネットアイドル的な扱いで熱狂的な信者が多かった事で知られてるんだ。

実況や生主よりもアイドル性がダントツに高かった。

リモーネ先生はこの「歌い手」の中でトップ層に入るほどの人気歌い手だったんだ。

この事件以前は、それはそれはイメージの良かったリモーネ先生。

熱狂的な信者から崇拝されているような人物だった。

だからさっきの動画が炎上騒ぎになったという事だな。

炎上理由について

少しこの炎上理由についても見ていこうと思う

まず一番大きいのはこれだろうな。

リモーネ先生に彼女がいた

さっきも言ったように、当時の歌い手はそれはそれはアイドル的扱いを受け、神聖化されていた。

アイドルと言えば「擬似恋愛」対象とかって良く言われているよな。

簡単に言えば

嫉妬

これが炎上のまずは大きな原因だろうな。

「リモーネ先生だいすき~」

「リモーネ先生かっこいい~」

「リモーネ先生の歌さいこ~」

等々

持て囃されていた事を考えるとわかるよな。

特にこの生主であったり歌い手であったりというのは

芸能人ほど遠い存在じゃないから自分にもワンチャンあるかも

なーんて考えている層はかなり多い

 

それに加えて相手が人気者で崇拝されているような人物だと

その人と付き合うだけで自尊心が満たされる

という状態が生まれる

他のリスナーや信者などを見て、優越感に浸れるという感覚だな。

だから芸能人ほどの能力がなかったとしても、とんでもないぐらいに神聖化されていったんだ。

人数が集まれば競争が生まれ、知らず知らずの内に神聖化が始まる・・・。

ほんとすごい現象だよな。

 

次にこれだな。

彼女が信者の貢物をバカにするような態度

ただでさえ彼女が居たことでショックを隠しきれない信者たち。

それに加えて、信者からの手紙をバカにした口調で読み上げたり、貢物をゴミ箱に捨てたりなど・・・。

信者からすると白目むきそうなぐらい発狂した事だろうと思う。

まだ、彼女の行動がバカにするようなものでなければ納得していた者も現れたかもしれない(それでも絶対炎上しただろうけど)

ただ、この態度が火に油を注ぐような事態となって大炎上にまで発展した。

理想の押し付け

こういった配信者や実況者、歌い手に勝手に自分の理想を押し付けるリスナーは多い。

きっとこの人はこんな人なんだ

純粋でひたむきで裏切ったりしないんだ

放送で全て語ってくれるなんて信頼されてる!

立派で大人な人なんだ

等々

リモーネ先生だって、ただの素人。

芸能人だって言ってみればただの人間なわけなんだよな。

不特定の人に全部ありのままに話す、なんて人もいないだろう。

ある程度打算的に動いているから人気が出ているんだよ。

特に歌い手はアイドルみたいなイメージで売っていたもの。

裏でもアイドルしてるなんて理想な押し付け以外の何物でもないよね。

ただただ歌い手として人気になりたいだけの人なんていない。

人気になってモテたり、職業に繋げたりといった、人気の先にある物を求めてやっている事なんだよね。

 

ただ夢を持たせる商売とでも言おうか、こういったアイドル路線のものって

如何に相手を心酔させられるか

これが勝負になってくるので

裏でアイドルしてるわけないだろ!なんてのはある意味で「言い訳」と捉えられても仕方ないことかもしれないな。

心酔させてたからこそ、「裏切り感」が強くなってしまったのかもしれないね。

最後に

じゃあ最後にリモーネ先生の「言い訳動画」を見ようか。

今となってはこの「歌い手」というジャンルは廃れてしまったジャンルではある。

でもまたこういった現象はどこかで違う形で起きているだろうね。

そういった動きにも注意深く見ていきたいと思う。

 

 

では今回はこの辺で!またね!!

リモるの語源になったリモーネ先生アイキャッチ
最新情報をチェックしよう!